スポンサードリンク

カフェカーテン

カフェカーテン

カフェカーテンとは、高さが40cmから60cmのカーテンで作られたカーテンになり、上部にカーテンポールを通す穴が最初から開いており、そこに通すことによってカーテンを吊ることが可能になります。


また、喫茶店や一般にお家のキッチンの窓などに、幅40cmぐらいのカーテンを棒に通して掛けているのがカフェカーテンになります。また、喫茶店や飲食店のウインドに目線を遮るように使われたのが名称の始まりになります。


現在は、一般住宅のキッチン窓や玄関窓、廊下の小窓などに使われることが多くなってきております。


カフェカーテンの飾り方(スタイル)
 
  1)上下の棒に通すタイプ
  2)上部に穴が空いてそこに通すタイプ
  3)同じ物を上下に2つ飾る方法
  4)上下に飾るが、下のカファカーテンより、上のカフェカーテンの
    ほうがすこし幅が小さいタイプを飾る方法
  5)クリップでカフェカーテンを吊るタイプ


場所によって、飾り方の工夫がしやすいのもカフェカーテンの特徴とも言えます。しかも、レースのカーテンでなくドレープのカーテンでも作成ができます。

カフェカーテン