スポンサードリンク

バランスカーテンの種類

バランスカーテンの種類

バランス(上飾り)は装飾効果だけではなく、古い金具やレールを隠したり、カーテンの隙間から外からはいる光を遮ったりします。また、上部の隙間を隠すことから省エネの面でも効果が10%位あります。

【プレーンバランス(フラットバランス)】
 
 プレーンバランス

 フラットバランス


【箱ヒダ、ボックスバランス】

 箱ヒダ

【スワッグバランス】

 スワッグバランス

【ギャザーバランス】

 ギャザーバランス

【カーテンボックス】

 最初からカーテンを吊るレールを見せないように壁が下がっているものをカーテンボックスといいます。カーテンボックスの場合天井が高く見えると言うメリットがあります。デメリットとしては、カーテンを洗うときなど外す時や吊る時が一苦労ぐらいです。