スポンサードリンク

照明の演色性

演色性

白熱灯(電球)や蛍光灯で照らされた対象物はその光によって見え方、感じ方が変わってきます。白熱灯(電球)で照らされた赤い色は鮮やかにみえますが、蛍光灯(白色)で照らしますとくすんだ赤に見えてしまいます。このような見え方を演色性と言います。

演色評価指数というものがあり、ランプの演色性(色の見え方の忠実さ)が基準光源と合っている程度を表す数値のことになり、これの式はJISで定められております。

演色性が良いほど数値が高くなり、基準光源と同じ時は評価数が100となります。

また、人の顔色などは、ほかの一般的な色彩より遥かに重要な意味をもっており、健康状態を知るもの、テレビの色調整も顔色がポイントとなってきます。


【平均演色評価数(Ra)】
 
  多くの物体色に対する平均的な演色性を表すもので、これは、多くの物体
  色の代表色として、8種類の試験色を用いて、基準光源と試料光源による
  色差の平均値より求めます。

【特殊演色評価数】

  特定の物体色に対する演色性を表すもので、試験色として彩度の高い赤
  (R9)、黄色(R10)、緑(R11)、青(R12)の純色と、西
  洋人の肌色(R13)、木の葉の色(R14)、日本人の肌色(R15)
  を演出が問題となる主な物体色の代表としています。