スポンサードリンク

カーテンシェードとは

インテリアのカーテンの中で、機械を使って制作されるシェードというスタイルカーテンがあります(カーテンシェードと呼ばせて頂きます)。このカーテンシェードとは、機械(メカ)を使って生地を上下に移動させて開閉ができる商品のことを言います。

またカーテンシェードにもいろいろな種類があり、代表的なのがプレーンシェードになります。その他のカーテンシェードは、このプレーンシェードを基準としてその他のデザインを施したものと考えて頂ければ分かりやすいと思います。

プレーンシェード
写真はプレーンシェードです。

操作方法としましては、左右どちらかに紐がありますので、それを引張ますとカーテンシェードの生地がパタパタを降り、上に上げたい時は、また紐を引張ることにより昇降がが可能です。

その操作方法にもコード式ドラム式があり、金額的には高くなってしましますがドラム式のほうが操作がしやすく故障が少ないと思います。

とくに幅が大きいタイプになりますと、ドラム式が間違いなく良いです。その理由としましたは、重量が重くなったときコード式ですとかなりの力が必要になるからです。

    カーテンシェードの特徴
  • カーテンのように生地でヒダを取っていない。
  • 生地と機械を使って作られている。
  • 機械を使っているので開閉は上下しか出来ない。
     

スタイルにこだわって作られていますので、開閉に手間がかかってしますことなどがあります。その為に多くの場合が出窓や腰窓で使えわれれいます。